今回紹介するデッキは、「SFX」デッキです!

「SFX」の意味ですが、
S→シンクロ
F→フュージョン(融合)
X→エクシーズ
の頭文字をとった、3つの召喚法を扱うデッキが「SFX」デッキです。

このデッキが生まれたきっかけは、
「DD」デッキを作りたかったのですが、作ろうとすると値段が高くなってしまうので、安く作れるものはないかなと探したのがきっかけです。

では、紹介していきましょう。
【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
アレキサンドライドラゴン×3
聖騎士ガウェイン×3
ジェムナイト・ガネット×2
BF-精鋭のゼピュロス×1
オネスト×3
ギャラクシーサーペント×3
ジェムナイト・ラズリー×3
レスキューラビット×2

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1枚
増援×1枚
貪欲な壺×1枚
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
月の書×2
超融合×1
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ 6枚〉
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
ジェムナイト・セラフィ×3
始祖竜ワイアーム×1
獣神ヴァルカン×1
BF-星影のノートゥング×1
レッド・ワイバーン×1
エンシェント・ホーリー・ワイバーン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
ラヴァルバル・チェイン×1
No.44 白天馬スカイ・ペガサス×1
武神帝―ツクヨミ×1


【基本戦術】
上記で述べたように、このデッキでは、融合・シンクロ・エクシーズ召喚ができるデッキとなっています。
それぞれの召喚の仕方について、紹介します。

●融合召喚
融合召喚は、「ブリリアント・フュージョン」を主に使います。
_20151029_135917

「ブリリアント・フュージョン」で出せる融合モンスターは、「ジェムナイト・セラフィ」になるので、デッキから送るモンスターは、
「ジェムナイト・ラズリー」+「アレキサンドライドラゴン」or
「ジェムナイト・ラズリー」+「ギャラクシー・サーペント」
の組合わせがオススメです。

なぜなら「ジェムナイト・ラズリー」は、カード効果で墓地へ送られると、墓地の通常モンスター1体を手札に加えれます。

つまり、上で紹介した通常モンスターを手札に加えることができます。

その後、「ジェムナイト・セラフィ」の召喚権を増やす効果を使うことで、エクシーズ召喚やシンクロ召喚に繋ぐことができます。

なお、「ブリリアント・フュージョン」で融合召喚したモンスターは、手札の魔法カードを捨てない限り、攻撃力・守備力が0のままなので、その点には注意が必要。


あと融合召喚では、「超融合」を使って、通常モンスター2体を融合素材にして「始祖竜ワイアーム」を融合召喚することもできます。

●シンクロ召喚
_20151029_135828

シンクロ召喚は、1つ目は、「ジェムナイト・セラフィ」と「ギャラクシー・サーペント」で、レベル7シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

2つ目は、「ギャラクシー・サーペント」を召喚後に、「聖騎士ガウェン」の効果で特殊召喚して、レベル6シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

このあたりは、手札と状況しだいで選べます。


●エクシーズ召喚
エクシーズ召喚は、「レスキューラビット」の効果を使う方法と「アレキサンドライドラゴン」+「聖騎士ガウェン」を使う方法で、ランク4のエクシーズ召喚を行います。

_20151029_135730


_20151029_135641

以上を踏まえるとこのデッキは、融合召喚からエクシーズ召喚orシンクロ召喚に繋げていく形になります。


【採用したカードについて】
■オネスト
光属性が多いので、採用しました。
このデッキでは、あまり高い攻撃力を持つモンスターがいないので、その弱点を補ってくれます。

■おろかな埋葬
墓地へ落とす候補は、やはり「ジェムナイト・ラズリー」。

「ジェムナイト・ラズリー」のサルベージ対象がいなければ、通常モンスターも候補になる。

■和睦の使者
1ターンキルを防ぐ目的で採用しました。

最後まで、見てくれてありがとうございました。