ハイロンの遊戯王デッキレシピ館

このブログは、「Hylon Research Station(ハイロン研究所)」で紹介した遊戯王のデッキレシピを取り扱っています。

タグ:エクシーズ召喚


今回紹介するデッキは、「SFX」デッキです!

「SFX」の意味ですが、
S→シンクロ
F→フュージョン(融合)
X→エクシーズ
の頭文字をとった、3つの召喚法を扱うデッキが「SFX」デッキです。

このデッキが生まれたきっかけは、
「DD」デッキを作りたかったのですが、作ろうとすると値段が高くなってしまうので、安く作れるものはないかなと探したのがきっかけです。

では、紹介していきましょう。
【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
アレキサンドライドラゴン×3
聖騎士ガウェイン×3
ジェムナイト・ガネット×2
BF-精鋭のゼピュロス×1
オネスト×3
ギャラクシーサーペント×3
ジェムナイト・ラズリー×3
レスキューラビット×2

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1枚
増援×1枚
貪欲な壺×1枚
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
月の書×2
超融合×1
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ 6枚〉
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
ジェムナイト・セラフィ×3
始祖竜ワイアーム×1
獣神ヴァルカン×1
BF-星影のノートゥング×1
レッド・ワイバーン×1
エンシェント・ホーリー・ワイバーン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
ラヴァルバル・チェイン×1
No.44 白天馬スカイ・ペガサス×1
武神帝―ツクヨミ×1


【基本戦術】
上記で述べたように、このデッキでは、融合・シンクロ・エクシーズ召喚ができるデッキとなっています。
それぞれの召喚の仕方について、紹介します。

●融合召喚
融合召喚は、「ブリリアント・フュージョン」を主に使います。
_20151029_135917

「ブリリアント・フュージョン」で出せる融合モンスターは、「ジェムナイト・セラフィ」になるので、デッキから送るモンスターは、
「ジェムナイト・ラズリー」+「アレキサンドライドラゴン」or
「ジェムナイト・ラズリー」+「ギャラクシー・サーペント」
の組合わせがオススメです。

なぜなら「ジェムナイト・ラズリー」は、カード効果で墓地へ送られると、墓地の通常モンスター1体を手札に加えれます。

つまり、上で紹介した通常モンスターを手札に加えることができます。

その後、「ジェムナイト・セラフィ」の召喚権を増やす効果を使うことで、エクシーズ召喚やシンクロ召喚に繋ぐことができます。

なお、「ブリリアント・フュージョン」で融合召喚したモンスターは、手札の魔法カードを捨てない限り、攻撃力・守備力が0のままなので、その点には注意が必要。


あと融合召喚では、「超融合」を使って、通常モンスター2体を融合素材にして「始祖竜ワイアーム」を融合召喚することもできます。

●シンクロ召喚
_20151029_135828

シンクロ召喚は、1つ目は、「ジェムナイト・セラフィ」と「ギャラクシー・サーペント」で、レベル7シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

2つ目は、「ギャラクシー・サーペント」を召喚後に、「聖騎士ガウェン」の効果で特殊召喚して、レベル6シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

このあたりは、手札と状況しだいで選べます。


●エクシーズ召喚
エクシーズ召喚は、「レスキューラビット」の効果を使う方法と「アレキサンドライドラゴン」+「聖騎士ガウェン」を使う方法で、ランク4のエクシーズ召喚を行います。

_20151029_135730


_20151029_135641

以上を踏まえるとこのデッキは、融合召喚からエクシーズ召喚orシンクロ召喚に繋げていく形になります。


【採用したカードについて】
■オネスト
光属性が多いので、採用しました。
このデッキでは、あまり高い攻撃力を持つモンスターがいないので、その弱点を補ってくれます。

■おろかな埋葬
墓地へ落とす候補は、やはり「ジェムナイト・ラズリー」。

「ジェムナイト・ラズリー」のサルベージ対象がいなければ、通常モンスターも候補になる。

■和睦の使者
1ターンキルを防ぐ目的で採用しました。

最後まで、見てくれてありがとうございました。


今回紹介するデッキは、「ギャラクシー」デッキです。
銀河→天の川→七夕と連想していただければと思います。

【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
銀河眼の光子竜×3
神獣王 バルバロス×3
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
真紅眼の飛竜×3
BF-精鋭のゼピュロス×1
オネスト×2
召喚僧 サモンプリースト×1
銀河眼の雲篭×3
銀河の魔導師×3

〈マジック 15枚〉
おろかな埋葬×1
竜の霊廟×1
アドバンスドロー×2
ワン・フォー・ワン×1
銀河遠征×2
RUM-アージェント・カオス・フォース×1
フォトン・サンクチュアリ×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3

〈トラップ 5枚〉
強制脱出装置×2
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
竜魔人 クィーンドラグーン×2
No.39 希望皇 ホープ×2
神竜騎士 フェルグラント×1
No.107 銀河眼の時空竜×2
No.46 神影龍 ドラッグルーオン×1
No.62 銀河眼の光子竜皇×1
ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×2
CNo.107 超銀河眼の時空龍×1
No.99 希望皇龍 ホープドラグーン×1
SNo.0 ホープ・ゼアル×1



【基本戦術】
シンプルに、レベル8を並べてそのまま攻撃、またはランク8のモンスターを出せるデッキにしました。
「銀河眼の光子竜」を採用しているため、エクシーズキラーの部分もあります。

【採用したカードについて】
■銀河眼の光子竜
_20151022_140954

このデッキのキーカード。
「銀河眼の雲篭」や「銀河遠征」による特殊召喚、「フォトン・サンクチュアリ」のトークンをリリースして特殊召喚する方法がある。

■神獣王 バルバロス
_20151022_140933

このデッキの裏のキーカード。
妥協召喚しても、レベル8のままなので、手札事故になることがなく、ランク8につなげることができる。

■銀河の魔導師
_20151022_140718

レベルを上げる効果で、レベルを8にすることができ、「銀河遠征」の発動条件を満たすことができる。
また、ランク8にもつなぐことができる。
自身をリリースして、サーチする効果は、状況に応じて、「銀河眼の光子竜」、「銀河眼の雲篭」、「銀河遠征」をサーチする。

■アドバンスドロー
「銀河眼の光子竜」、「神獣王 バルバロス」、レベル8となった「銀河の魔導師」をリリースして、2枚ドローする。

■RUM-アージェント・カオス・フォース
_20151022_140656

このデッキでは、「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」、「CNo.107 超銀河眼の時空龍」を出すことができる必殺カード。
また、ランク5以上のエクシーズモンスターを特殊召喚すれば、デュエル中1度だけだが、墓地のこのカードを手札に加えることができる。

このカードを使えば、1ターンで「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」と「CNo.107 超銀河眼の時空龍」がフィールドにそろう。

〈条件〉
・墓地に「No.107 銀河眼の時空竜」がいる。
・手札に「RUM-アージェント・カオス・フォース」がある。
・フィールドに「No.39 希望皇ホープ」がいる。

〈手順〉
まず、「RUM-アージェント・カオス・フォース」を捨てて、「No.39 希望皇ホープ」を「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」にする。

ランク5以上が特殊召喚されたことにより、墓地の「RUM-アージェント・カオス・フォース」を手札に加える。

「No.99 希望皇龍ホープドラグーン」の1の効果を使って、墓地の「No.107銀河眼の時空竜」を特殊召喚する。

「RUM-アージェント・カオス・フォース」を使って、「No.107 銀河眼の時空竜」を「CNo.107 超銀河眼の時空龍」にランクアップする。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。


今回紹介するのは、「レッドアイズ」に「ハーピィ」を組み合わせたハイブリッド型のデッキです。
早速デッキレシピを紹介したいと思います。

【サンプルレシピ】
〈モンスター19枚〉
真紅眼の黒竜×3
ハーピィ・レディ・SB×3
ハーピィ・チャネラー×3
ハーピィ・ダンサー×3
召喚僧サモンプリースト×1
カーボネドン×3
伝説の黒石×3

〈マジック13枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
ワン・フォー・ワン×1
万華鏡-華麗なる分身-×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
サイクロン×2
異次元からの埋葬×1
ヒステリック・サイン×3

〈トラップ8枚〉
鳳翼の爆風×3
ヒステリック・パーティー×2
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
電光千鳥×1
ライトロード・セイント ミネルバ×1
竜魔人 クィーンドラグーン×1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1
ダーク・リべリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
星輝士 デルタテロス×1
ヴェルズ・ウロボロス×1
星輝士 セイクリッド・ダイヤ×1
幻獣機 ドラゴサック×1
真紅眼の鋼炎竜×2
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×1
覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン×1



【デッキ編成】
冒頭でも述べましたが、このデッキは、「レッドアイズ」と「ハーピィ」を組み合わせています。
なので、ここでは「レッドアイズ」と「ハーピィ」に分けて詳しく説明します。

●レッドアイズ
「真紅眼の黒竜」
_20151021_115446

「レッドアイズ」側のエースと同時に、このデッキのエース。
このモンスターをデッキから特殊召喚するために以下の2枚のカードを使います。

「カーボネドン」
_20151021_132433

このモンスターは、2番目の効果を使い、墓地のこのカードを除外することで、手札・デッキからレベル7以下のドラゴン族・通常モンスターを守備表示で特殊召喚できます。

1番目の効果は、ほとんど使わないのでオマケ程度に考えておいてください。

「伝説の黒石」
_20151021_132358

このモンスターの1番目の効果で、このカードをリリースをして、デッキから「真紅眼の黒竜」を特殊召喚します。

2番目の効果は、墓地の「真紅眼の黒竜」をデッキに戻して、墓地のこのカードを手札に加えることができます。
こちらの効果は、「真紅眼の黒竜」がデッキにない場合や手札を増やしたい場合などで使います。

このモンスターを使うにあたっては、1ターンに1度、どちらかしか使えない点には注意!


以上の2枚を使って「真紅眼の黒竜」をデッキから特殊召喚していきます。

※2枚の違いをまとめると、以下のとおりになります。

「伝説の黒石」
リリース→デッキから特殊召喚。

「カーボネドン」
墓地から除外→手札・デッキから特殊召喚。

この2枚のモンスターのサポートカードとして、「伝説の黒石」はデッキから持ってこれる「ワン・フォー・ワン」、「カーボネドン」は墓地へ落とすことができる「おろかな埋葬」、除外されたこのモンスターを戻せる「異次元からの埋葬」を採用しています。

●ハーピィ
「ハーピィ・チャネラー」
_20151021_132502

ハーピィ側のエースであり、このデッキのキーカード。

手札から「ハーピィ」カードを1枚捨てれば、デッキから「チャネラー」以外の「ハーピィ」を守備表示で特殊召喚できます。

このデッキで特殊召喚するモンスターは、「ハーピィ・ダンサー」と「ハーピィ・レディ・SB」が対応しますが、できれば「ハーピィ・ダンサー」を優先したいです。
(ハーピィ・レディ・SBは「万華鏡―華麗なる分身―」でデッキから特殊召喚できるので、デッキに残しておきたいからです。)

この効果を使えばランク4にすることができます。

また、ドラゴン族がフィールドにいれば、このカードはレベル7になるので、「真紅眼の黒竜」が場にいればランク7モンスターになることができます。

モンスターではないですが、「ハーピィ」側にはこんなカードもあります。
「ヒステリック・サイン」
_20151021_132527

前半の効果は、デッキ・墓地から「万華鏡―華麗なる分身―」を手札に加える効果。
この効果を活かすために「万華鏡―華麗なる分身―」を1枚を採用しています。
そして「ハーピィ」がいれば、ランク4にすることができます。

後半の効果は、墓地へ送られたエンドフェイズ時に、デッキから「ハーピィ」カードを3枚まで加えれる効果。
こちらの効果を狙いたいです。
また、この効果により、制限カードの「ハーピィの羽根帚」を手札に加えることもできます。

「ヒステリック・サイン」の後半の効果を活かすには、「召喚僧サモンプリースト」や「ヒステリック・パーティー」、「鳳翼の爆風」でコストとして、墓地へ送るのがベストです。

このカードを使う上で注意したいのは、1ターンに1度、どちらかの効果しか発動できない点です。



【エクストラデッキについて】
エクストラデッキは、汎用性のあるランク4、ランク7エクシーズで構いません。

ただ、「ダイガスタ・エメラル」、「竜魔人 クィーンドラグーン」、「真紅眼の綱炎竜」あたりは採用しておいてもいいでしょう。


【最後に一言】
レッドアイズデッキはいろいろな形のデッキが作れるため、自由度が高いデッキです。

今回は、原作でつながりがあった城之内と孔雀舞のカードを使ってデッキを作れないかと考えたのがきっかけとなりました。

ぜひとも、レッドアイズデッキを作る時の参考にしてもらえると嬉しいです。

ありがとうございました。


さて今回は「クラウンブレード」デッキを紹介したいと思います!

個人的には、「Em」デッキとして作っていましたが、「クラウンブレード」の要素を取り入れて現在の形になりました。

【サンプルレシピ】
※一部のカード禁止に伴い現在は作れません。
〈モンスター 20枚〉
H・C 強襲のハルベルト×3
Em トリック・クラウン×3
BF-精鋭のゼピュロス×1
Em ダメージ・ジャグラー×3(※現在、禁止です。)
H・C サウザンド・ブレード×3
Em ハットトリッカー×3
召喚僧 サモンプリースト×1
ガード・ペンギン×3

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
火炎地獄×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
手札断殺×3
月の書×1

〈トラップ 6枚〉
破壊輪×1枚
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
ガガガガンマン×1
ラヴァルバル・チェイン×1(※現在、禁止です。)
ガガガザムライ×1
スババジェネラル×1
恐牙狼 ダイヤウルフ×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1
H-C エクスカリバー×2
Emトラピーズ・マジシャン×2
No.39 希望皇ホープ×1
CNo.39 希望皇ホープレイ×1
ジェムナイト・パール×1
ヴェルズ・ウロボロス×2


【基本戦術】
まずは、「ラヴァルバル・チェイン」になることを目指します。
方法としては、「召喚僧 サモンプリースト」から「Emトリック・クラウン」を特殊召喚したり、
「H・C 強襲のハルベルト」、「Em ハットトリッカー」、「BF-精鋭のゼピュロス」などを使って特殊召喚の後、「Emトリック・クラウン」を召喚するなどがあります。

「ラヴァルバル・チェイン」になった後、エクシーズ素材の「Emトリック・クラウン」を取り除いて、デッキから「H・C サウザンド・ブレード」を墓地へ送ると、「Emトリック・クラウン」の効果でダメージを受けますが特殊召喚ができ、ダメージを受けたことで「H・C サウザンド・ブレード」を特殊召喚でき、さらなるランク4モンスターを特殊召喚できる準備ができます。

つまり、「Emトリック・クラウン」と「H・C サウザンド・ブレード」をうまく使うことで、1ターンに2回(その内1回は「ラヴァルバル・チェイン」になりますが)、ランク4のモンスターを呼び出せることができます。

なお、ダメージを受けた時に「ガード・ペンギン」を発動できれば、レベル4×3体を必要とするランク4エクシーズモンスターを特殊召喚することもできます。

また、「Emトリック・クラウン」と「H・C サウザンド・ブレード」は逆のパターンでもできます。
_20151028_104550


_20151028_104523


【カード解説】
■Em ダメージ・ジャグラー(※現在、禁止です。)
_20151028_104430

1番目の効果は、自分にダメージを与える効果の発動を無効化にする効果。
この効果は、「Emトリック・クラウン」と相性が悪いので、あまり使いません。

主に以下の効果を使っていきます。
2番目の効果は、自分・相手のバトルフェイズに、このカードを捨てることで、自分が受ける戦闘ダメージを1度だけ0にできる効果です。

3番目の効果は、自分のメインフェイズに、墓地のこのカードを除外することで、デッキから「Em ダメージ・ジャグラー」以外の「Em」を手札に加えることができます。

2番目の効果を使った後に、3番目の効果を使って、「Emトリック・クラウン」を手札に加えるのが自然な流れになります。

■ガード・ペンギン
自分がカード効果によって、ダメージを受けた時に手札から特殊召喚できるモンスター。
さらに受けたダメージ分を回復できるため、「Em トリック・クラウン」がノーコストで特殊召喚できる。
「火炎地獄」なら相手だけ1000ダメージを受けることになる。

ただし、1度ダメージを受ける必要があるので、自分のライフ以上のダメージは「Em ダメージ・ジャグラー」で回避するなどして、使い分ける方がいい。

■おろかな埋葬
状況に応じて、「H・C サウザンド・ブレード」、「Em トリック・クラウン」、「Em ダメージ・ジャグラー」を墓地へ送るために使います。

■火炎地獄
相手に1000ダメージ、自分に500ダメージを与える魔法カード。
「H・C サウザンド・ブレード」や「ガード・ペンギン」の発動トリガーになる。
また、自分フィールドに「Em ハットトリッカー」がいれば、カウンターを置くことができて、自分が受けるダメージを0にできる。

【エクストラデッキについて】
エクストラデッキですが、もっと汎用性のあるエクシーズモンスターを入れてもいいと思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

↑このページのトップヘ