ハイロンの遊戯王デッキレシピ館

このブログは、「Hylon Research Station(ハイロン研究所)」で紹介した遊戯王のデッキレシピを取り扱っています。

カテゴリ: マスタールール3対応


今回紹介するデッキは、「SFX」デッキです!

「SFX」の意味ですが、
S→シンクロ
F→フュージョン(融合)
X→エクシーズ
の頭文字をとった、3つの召喚法を扱うデッキが「SFX」デッキです。

このデッキが生まれたきっかけは、
「DD」デッキを作りたかったのですが、作ろうとすると値段が高くなってしまうので、安く作れるものはないかなと探したのがきっかけです。

では、紹介していきましょう。
【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
アレキサンドライドラゴン×3
聖騎士ガウェイン×3
ジェムナイト・ガネット×2
BF-精鋭のゼピュロス×1
オネスト×3
ギャラクシーサーペント×3
ジェムナイト・ラズリー×3
レスキューラビット×2

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1枚
増援×1枚
貪欲な壺×1枚
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
月の書×2
超融合×1
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ 6枚〉
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
ジェムナイト・セラフィ×3
始祖竜ワイアーム×1
獣神ヴァルカン×1
BF-星影のノートゥング×1
レッド・ワイバーン×1
エンシェント・ホーリー・ワイバーン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
ラヴァルバル・チェイン×1
No.44 白天馬スカイ・ペガサス×1
武神帝―ツクヨミ×1


【基本戦術】
上記で述べたように、このデッキでは、融合・シンクロ・エクシーズ召喚ができるデッキとなっています。
それぞれの召喚の仕方について、紹介します。

●融合召喚
融合召喚は、「ブリリアント・フュージョン」を主に使います。
_20151029_135917

「ブリリアント・フュージョン」で出せる融合モンスターは、「ジェムナイト・セラフィ」になるので、デッキから送るモンスターは、
「ジェムナイト・ラズリー」+「アレキサンドライドラゴン」or
「ジェムナイト・ラズリー」+「ギャラクシー・サーペント」
の組合わせがオススメです。

なぜなら「ジェムナイト・ラズリー」は、カード効果で墓地へ送られると、墓地の通常モンスター1体を手札に加えれます。

つまり、上で紹介した通常モンスターを手札に加えることができます。

その後、「ジェムナイト・セラフィ」の召喚権を増やす効果を使うことで、エクシーズ召喚やシンクロ召喚に繋ぐことができます。

なお、「ブリリアント・フュージョン」で融合召喚したモンスターは、手札の魔法カードを捨てない限り、攻撃力・守備力が0のままなので、その点には注意が必要。


あと融合召喚では、「超融合」を使って、通常モンスター2体を融合素材にして「始祖竜ワイアーム」を融合召喚することもできます。

●シンクロ召喚
_20151029_135828

シンクロ召喚は、1つ目は、「ジェムナイト・セラフィ」と「ギャラクシー・サーペント」で、レベル7シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

2つ目は、「ギャラクシー・サーペント」を召喚後に、「聖騎士ガウェン」の効果で特殊召喚して、レベル6シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

このあたりは、手札と状況しだいで選べます。


●エクシーズ召喚
エクシーズ召喚は、「レスキューラビット」の効果を使う方法と「アレキサンドライドラゴン」+「聖騎士ガウェン」を使う方法で、ランク4のエクシーズ召喚を行います。

_20151029_135730


_20151029_135641

以上を踏まえるとこのデッキは、融合召喚からエクシーズ召喚orシンクロ召喚に繋げていく形になります。


【採用したカードについて】
■オネスト
光属性が多いので、採用しました。
このデッキでは、あまり高い攻撃力を持つモンスターがいないので、その弱点を補ってくれます。

■おろかな埋葬
墓地へ落とす候補は、やはり「ジェムナイト・ラズリー」。

「ジェムナイト・ラズリー」のサルベージ対象がいなければ、通常モンスターも候補になる。

■和睦の使者
1ターンキルを防ぐ目的で採用しました。

最後まで、見てくれてありがとうございました。


今回紹介するデッキは、ライフを回復しながら戦うテーマの「アロマージ」デッキです!
【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
アロマージ―ベルガモット×2
アロマージ―ローズマリー×3
ティオの蟲惑魔×3
トリオンの蟲惑魔×3
アロマージ―カナンガ×2
ローンファイア・ブロッサム×3
アロマージ―ジャスミン×3
黄金の天道虫×1

〈マジック 14枚〉
アロマガーデン×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
ご隠居の猛毒薬×3
増草剤×3

〈トラップ 6枚〉
奈落の落とし穴×3
潤いの風×3


【基本戦術】
「アロマージ」モンスターがフィールドにいる状態で、「黄金の天道虫」、「アロマガーデン」、「ご隠居の猛毒薬」、「潤いの風」などのライフを回復するカードを使い、「アロマージ」の効果を発動するのが基本です。

自分ライフが回復した時に発動する「アロマージ」の効果は、以下のようになります。
「アロマージ―ジャスミン」→1ドロー。
「アロマージ―カナンガ」→相手フィールドの魔法・罠カード1枚を手札に戻す。
「アロマージ―ローズマリー」→フィールドの表側表示のモンスター1体の表示形式を変更する。
「アロマージ―ベルガモット」→このカードの攻撃力・守備力を相手ターン終了時まで1000アップする。

また、相手よりも自分のライフが多い場合の効果も持っているので、こちらもうまく使っていきたいです。
「アロマージ―ジャスミン」→「アロマージ―ジャスミン」以外の植物モンスター1体を召喚できる。
「アロマージ―カナンガ」→相手モンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
「アロマージ―ローズマリー」→植物モンスターが攻撃する場合、ダメージステップ終了時まで、相手はモンスターの効果を発動できない。、
「アロマージ―ベルガモット」→植物モンスターが貫通持ちになる。

ただし、これらの効果はモンスターゾーンに存在する限り適用されます。

まとめると、ライフ差を気にしつつ、ライフ回復→「アロマージ」の効果を発動しながらアドバンテージを得ていき、戦力を整えて、攻撃に備えるのがこのデッキの特徴です。


【採用したカードについて】
■ティオの蟲惑魔、トリオンの蟲惑魔
「アロマージ」の種類が足りないため採用。
ランク4につなげることもできるし、「トリオンの蟲惑魔」の効果を使いわけて、アドバンテージを得ていくこともできます。
_20151007_131052


_20151007_131029


■ローンファイア・ブロッサム
植物族デッキに欠かせないモンスター。
主に、「アロマージ―ベルガモット」、「アロマージ―ジャスミン」を特殊召喚します。

■ライフ回復カード
「黄金の天道虫」、「アロマガーデン」、「ご隠居の猛毒薬」、「潤いの風」が該当します。

「黄金の天道虫」は、自分スタンバイフェイズに、手札のこのカードを相手に見せると500ライフを回復するカード。手札にあれば邪魔をされずに回復できるため採用しました。

「アロマガーデン」は、「アロマ」がいる状態でライフを500回復して、相手ターン終了時まで自分フィールドのモンスターを攻撃力・守備力500アップする全体強化ができます。
なお、全体強化は後から出したモンスターにも適用されるため、覚えておくとよいだろう。
また、「アロマ」が戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分は1000ライフを回復する効果も持ちます。

「ご隠居の猛毒薬」は、制限がなく好きなタイミングで回復できるため採用。相手ターンで使えば、各種の「アロマージ」の効果も使える。
特に、「アロマージ―ローズマリー」がいる状態で、バトルフェイズにこのカードを使えば、相手モンスター1体の攻撃を封じることができる。

「潤いの風」は、1000払えばサーチができ、相手のライフが多いなら500ライフを回復ができるため、どのような「アロマージ」デッキを作るとしても、3枚積み推奨。

■増草剤
「リビングデッドの呼び声」と迷いましたが、魔法カードである点や、「アロマージ―ジャスミン」を守備表示で特殊召喚したいと思った点からこちらを採用。

なお、「リビングデッドの呼び声」なら蟲惑魔モンスターの効果を使えるため、紹介している今でも、採用に悩んでいます。


【エクストラデッキについて】
もともとエクストラを使わずに戦うデッキにしたかったので採用していません。
入れるとしたら、ランク4を中心に、ランク3とランク2を少しずつで汎用性で選んでもらって構いません。

読んでいただきありがとうございました。


今回紹介するデッキは、「ギャラクシー」デッキです。
銀河→天の川→七夕と連想していただければと思います。

【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
銀河眼の光子竜×3
神獣王 バルバロス×3
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
真紅眼の飛竜×3
BF-精鋭のゼピュロス×1
オネスト×2
召喚僧 サモンプリースト×1
銀河眼の雲篭×3
銀河の魔導師×3

〈マジック 15枚〉
おろかな埋葬×1
竜の霊廟×1
アドバンスドロー×2
ワン・フォー・ワン×1
銀河遠征×2
RUM-アージェント・カオス・フォース×1
フォトン・サンクチュアリ×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3

〈トラップ 5枚〉
強制脱出装置×2
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
竜魔人 クィーンドラグーン×2
No.39 希望皇 ホープ×2
神竜騎士 フェルグラント×1
No.107 銀河眼の時空竜×2
No.46 神影龍 ドラッグルーオン×1
No.62 銀河眼の光子竜皇×1
ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×2
CNo.107 超銀河眼の時空龍×1
No.99 希望皇龍 ホープドラグーン×1
SNo.0 ホープ・ゼアル×1



【基本戦術】
シンプルに、レベル8を並べてそのまま攻撃、またはランク8のモンスターを出せるデッキにしました。
「銀河眼の光子竜」を採用しているため、エクシーズキラーの部分もあります。

【採用したカードについて】
■銀河眼の光子竜
_20151022_140954

このデッキのキーカード。
「銀河眼の雲篭」や「銀河遠征」による特殊召喚、「フォトン・サンクチュアリ」のトークンをリリースして特殊召喚する方法がある。

■神獣王 バルバロス
_20151022_140933

このデッキの裏のキーカード。
妥協召喚しても、レベル8のままなので、手札事故になることがなく、ランク8につなげることができる。

■銀河の魔導師
_20151022_140718

レベルを上げる効果で、レベルを8にすることができ、「銀河遠征」の発動条件を満たすことができる。
また、ランク8にもつなぐことができる。
自身をリリースして、サーチする効果は、状況に応じて、「銀河眼の光子竜」、「銀河眼の雲篭」、「銀河遠征」をサーチする。

■アドバンスドロー
「銀河眼の光子竜」、「神獣王 バルバロス」、レベル8となった「銀河の魔導師」をリリースして、2枚ドローする。

■RUM-アージェント・カオス・フォース
_20151022_140656

このデッキでは、「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」、「CNo.107 超銀河眼の時空龍」を出すことができる必殺カード。
また、ランク5以上のエクシーズモンスターを特殊召喚すれば、デュエル中1度だけだが、墓地のこのカードを手札に加えることができる。

このカードを使えば、1ターンで「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」と「CNo.107 超銀河眼の時空龍」がフィールドにそろう。

〈条件〉
・墓地に「No.107 銀河眼の時空竜」がいる。
・手札に「RUM-アージェント・カオス・フォース」がある。
・フィールドに「No.39 希望皇ホープ」がいる。

〈手順〉
まず、「RUM-アージェント・カオス・フォース」を捨てて、「No.39 希望皇ホープ」を「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」にする。

ランク5以上が特殊召喚されたことにより、墓地の「RUM-アージェント・カオス・フォース」を手札に加える。

「No.99 希望皇龍ホープドラグーン」の1の効果を使って、墓地の「No.107銀河眼の時空竜」を特殊召喚する。

「RUM-アージェント・カオス・フォース」を使って、「No.107 銀河眼の時空竜」を「CNo.107 超銀河眼の時空龍」にランクアップする。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。


今回紹介するデッキは、愛くるしいモンスターが多い「霊獣」デッキを紹介します。
【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
精霊獣 アペライオ×2
精霊獣 ラムペンタ×3
霊獣使い ウェン×3
精霊獣 カンナホーク×2
英霊獣使い-セフィラムピリカ×3
霊獣使いの長老×3
霊獣使い レラ×2
精霊獣 ペトルフィン×2

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1
封印の黄金櫃×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×2
緊急テレポート×3
霊獣の相絆×2
フューチャー・グロウ×3

〈トラップ 6枚〉
霊獣の連契×3
激流葬 ×3

〈エクストラデッキ 11枚〉
精霊獣騎 ペトルフィン×3
精霊獣騎 カンナホーク×3
精霊獣騎 アペライオ×2
精霊獣騎 ガイアペライオ×3


【基本戦術】
「霊獣」デッキは、「霊獣使い」と「精霊獣」をフィールドに並べて除外して、エクストラデッキから融合モンスターである「聖霊獣騎」を特殊召喚することから始めます。(ただし、この時、融合は不要)

「霊獣使い」と「精霊獣」を並べるには、「霊獣使い」の効果を使います。
ただ、「精霊獣」がどこにいるかによって、最適な「霊獣使い」が変わってきます。

「精霊獣」が除外されている→「霊獣使い ウェン」
_20151022_154654

「精霊獣」が墓地にいる→「英霊獣使い-セフィラムピリカ 」、「霊獣使い レラ」
_20151022_154630


_20151022_143719

「精霊獣」が手札にいる→「霊獣使いの長老」
_20151022_154520


次に特殊召喚する融合モンスターの「聖霊獣騎」ですが、
基本的な役割は以下のようになります。

「聖霊獣騎 ペトルフィン」→防御固め。効果では破壊されないので、相手ターンをこのカードで乗り切ります。

「聖霊獣騎 カンナホーク」→サーチ要員。自分のターンで必要な「霊獣」カードを集めます。

「聖霊獣騎 アペライオ」→攻撃要員。

「聖霊獣騎 ガイアペライオ」→特殊要因。「霊獣の相絆」で特殊召喚するのが基本。


【採用したカードについて】
デッキレシピのなかで、注目のカードは何と言ってもこのカードでしょう!

「フューチャー・グロウ」
_20151022_141324

永続魔法
自分の墓地に存在するサイキック族モンスター1体をゲームから除外して発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上に表側表示で存在する全てのサイキック族モンスターの攻撃力は、
このカードを発動するために除外した
モンスターのレベル×200ポイントアップする。

このカードを採用したのは、「霊獣」の攻撃力が低いので採用しました。
精霊獣 アペライオ 1800
精霊獣 ラムペンタ 1600
霊獣使い ウェン 1500
影霊獣使い-セフィラウェンディ 1500
精霊獣 カンナホーク 1400
英霊獣使い-セフィラムピリカ 1000
霊獣使いの長老 200
霊獣使い レラ 100
精霊獣 ペトルフィン 0

「精霊獣 アペライオ」で少しは強化できますが、物足りない攻撃力には変わりないです。
そこで、この攻撃力を何とかしたいと思い、サイッキック族限定になりますが「フューチャー・グロウ」を入れました。

「霊獣使い」を除外してもいいですが、このカードの力を最大限するには、「精霊獣騎 ガイアペライオ」を墓地へ送って除外するといいでしょう。
_20151022_154715

この子は獣族に見ますが、実はサイキック族。
墓地にいるこの子を「フューチャー・グロウ」で除外して発動すると、サイキック族は10(ガイアペライオのレベル)×200=2000アップします。

すると、以下のようになります。
「霊獣使い ウェン」 1500+2000=3500
「英霊獣使い-セフィラムピリカ」 1000+2000=3000
「霊獣使いの長老」 200+2000=2200
「霊獣使い レラ」 100+2000=2100

高い攻撃力になって、戦闘を普通に行えるモンスター達になってしまいます。
なお、「精霊獣騎 ガイアペライオ」も3200+2000=5200となるので、一瞬でライフを削ることも夢ではありません。

問題は「精霊獣騎 ガイアペライオ」を墓地へ送る手段ですが、
1つ目は、「霊獣の相絆」を使って「精霊獣騎ガイアペライオ」を特殊召喚して、墓地へ送られるのを待つ方法があります。
_20151022_143636

2つ目は、「精霊獣 ラムペンタ」の効果で、エクストラデッキの「精霊獣騎 ガイアペライオ」を除外して、サイキック族をデッキから墓地へ送ります。
その後、「精霊獣 ラムペンタ」と「霊獣使い」を除外して、「精霊獣騎 カンナホーク」を特殊召喚。
「精霊獣騎 カンナホーク」の1番目の効果で、「精霊獣騎ガイアペライオ」を墓地へ戻す方法があります。
_20151022_143655


「霊獣使い」が高攻撃力で襲い掛かる「フューチャー・グロウ」!
「霊獣」デッキのスパイスとして入れてみると面白いかもしれません。

読んでいただき、ありがとうございました。


今回紹介するのは、「炎王」と「インフェルノイド」のハイブリット型の「炎王インフェルノイド」になります。

では、サンプルレシピを公開します!
【サンプルレシピ】

〈モンスター20枚〉
炎王神獣 ガルドニクス×2
炎王獣 バロン×3
インフェルノイド・アスタロス×3
インフェルノイド・ルキフグス×3
炎王獣 キリン×3
インフェルノイド・デカトロン×3
インフェルノイド・ベルゼブル×3

〈マジック 15枚〉
炎王の孤島×3
テラ・フォーミング×2
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
炎王の急襲×2
ブラック・ホール×1
炎王炎環×2
補給部隊×3

〈トラップ 5枚〉
激流葬×3
デモンズ・チェーン×2


【デッキ編成】
「炎王」と「インフェルノイド」を採用しているので、カテゴリ別に説明します。

●炎王
カード効果で破壊され、墓地におくられた場合に、発動する効果を持っています。

炎王側のキーカードはこのカード!
「炎王の孤島」
_20151022_161500

このカードの1番目の効果で、自分の手札・フィールドのモンスターを破壊して、デッキから「炎王」モンスターを手札に加える効果を積極的に使っていきます。

「炎王の孤島」で手札・フィールドから破壊するモンスターは、効果を使って攻撃できない「インフェルノイド」や「炎王」モンスターがいいでしょう。


特に「炎王神獣 ガルドニクス」は強力なモンスター除去効果を持っているので、オススメです。

「炎王神獣 ガルドニクス」
_20151022_161634

カードの効果で破壊され、墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェィズに墓地から特殊召喚して、フィールドのモンスターを破壊します。

また、戦闘で破壊されるとデッキから「ガルドニクス」以外の「炎王」モンスター1体を特殊召喚する効果もあります。


「炎王の孤島」でサーチする「炎王」モンスターは、「炎王神獣 ガルドニクス」もいますが、「炎王獣 バロン」や「炎王獣 キリン」を優先的に選びたいです。
また、これらのカードが次のターンに「炎王の孤島」で破壊するカードにもなります。

紹介していない「炎王」の役割についても述べておきましょう。
「炎王獣 バロン」
_20151022_161610

カードの効果で破壊され、墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズにデッキから「バロン」以外の「炎王」カード1枚を手札に加えることができます。

「炎王」カードなので、状況にもよりますが、魔法カードの「炎王急襲」や「炎王炎環」をできるだけサーチしたいです。
(理由は、「炎王の孤島」でサーチできるのはモンスターなので、サーチできない状態にならないようにするためです。)

特に「炎王炎環」は、墓地の「炎王神獣 ガルドニクス」を蘇生するのに役に立ちます。

「炎王獣 キリン」
_20151022_161549

カードの効果で破壊され、墓地へ送られた場合、デッキから炎属性モンスター1体を墓地へ送ることができます。
この効果で墓地へ送りたいのは、下級「インフェルノイド」や「炎王神獣 ガルドニクス」になります。

墓地へ送った後、「インフェルノイド」を展開したり、「炎王炎環」で特殊召喚したりすることができます。


また、「炎王」のサポートカードとして、こんなカードもあります。
「補給部隊」
_20151022_161338

「炎王神獣 ガルドニクス」、「炎王の孤島」、「炎王の急襲」、「炎王炎環」の発動前にこのカードを発動すれば、戦闘・効果での破壊を1枚ドローに変える魔法カード。

このデッキでは、貴重なドローカードとなります。


●インフェルノイド
通常召喚できないが、自分フィールドの効果モンスターのレベル・ランクの合計が8以下の時に、自分の手札・墓地の「インフェルノイド」を除外することで、手札から特殊召喚できる炎属性・悪魔族のモンスター。

また、相手ターンには、自分のモンスターをリリースすることで、相手の墓地のカード1枚を除外できる
効果も持っています。

このデッキでは、下級の「インフェルノイド」だけを採用しました。
理由は、上級「インフェルノイド」の代わりを「炎王神獣 ガルドニクス」で代用し、下級の「インフェルノイド」の除去効果を使いながら戦うスタイルを採ったからです。

下級「インフェルノイド」の除去範囲ですが、
「インフェルノイド・アスタロス」→フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊。
「インフェルノイド・ルキフグス」→フィールドのモンスター1体を破壊。
「インフェルノイド・ベルゼブル」→相手の表側のカード1枚を手札に戻す。

となっていますので、状況に応じて使い分けるのがいいでしょう。

「インフェルノイド・デカトロン」は、「インフェルノイド」専用の墓地肥やしとして、運用します。

これらのモンスターの効果を使った後は、攻撃できないor攻撃力が低いので、「炎王の孤島」で破壊するのがいいでしょう。


【補足】
■上級インフェルノイドを採用しなかった理由
質のいい墓地肥やしをしたかったから。
上級インフェルノイドの効果と出す手間とのバランスがとれていないと思ったから。
「ヴェルズ・オピオン」がいると出せないから。

■トラップカード、エクストラデッキについて
特にこだわりはないので、好きなカードを入れてもらっても大丈夫です。
エクストラデッキは、ランク3・4をメインで。
汎用性で選んでもらっても構いません。

最後まで、ありがとうございました。

↑このページのトップヘ