ハイロンの遊戯王デッキレシピ館

このブログは、「Hylon Research Station(ハイロン研究所)」で紹介した遊戯王のデッキレシピを取り扱っています。

カテゴリ: 風属性


今回紹介するデッキは、愛くるしいモンスターが多い「霊獣」デッキを紹介します。
【サンプルレシピ】
〈モンスター 20枚〉
精霊獣 アペライオ×2
精霊獣 ラムペンタ×3
霊獣使い ウェン×3
精霊獣 カンナホーク×2
英霊獣使い-セフィラムピリカ×3
霊獣使いの長老×3
霊獣使い レラ×2
精霊獣 ペトルフィン×2

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1
封印の黄金櫃×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×2
緊急テレポート×3
霊獣の相絆×2
フューチャー・グロウ×3

〈トラップ 6枚〉
霊獣の連契×3
激流葬 ×3

〈エクストラデッキ 11枚〉
精霊獣騎 ペトルフィン×3
精霊獣騎 カンナホーク×3
精霊獣騎 アペライオ×2
精霊獣騎 ガイアペライオ×3


【基本戦術】
「霊獣」デッキは、「霊獣使い」と「精霊獣」をフィールドに並べて除外して、エクストラデッキから融合モンスターである「聖霊獣騎」を特殊召喚することから始めます。(ただし、この時、融合は不要)

「霊獣使い」と「精霊獣」を並べるには、「霊獣使い」の効果を使います。
ただ、「精霊獣」がどこにいるかによって、最適な「霊獣使い」が変わってきます。

「精霊獣」が除外されている→「霊獣使い ウェン」
_20151022_154654

「精霊獣」が墓地にいる→「英霊獣使い-セフィラムピリカ 」、「霊獣使い レラ」
_20151022_154630


_20151022_143719

「精霊獣」が手札にいる→「霊獣使いの長老」
_20151022_154520


次に特殊召喚する融合モンスターの「聖霊獣騎」ですが、
基本的な役割は以下のようになります。

「聖霊獣騎 ペトルフィン」→防御固め。効果では破壊されないので、相手ターンをこのカードで乗り切ります。

「聖霊獣騎 カンナホーク」→サーチ要員。自分のターンで必要な「霊獣」カードを集めます。

「聖霊獣騎 アペライオ」→攻撃要員。

「聖霊獣騎 ガイアペライオ」→特殊要因。「霊獣の相絆」で特殊召喚するのが基本。


【採用したカードについて】
デッキレシピのなかで、注目のカードは何と言ってもこのカードでしょう!

「フューチャー・グロウ」
_20151022_141324

永続魔法
自分の墓地に存在するサイキック族モンスター1体をゲームから除外して発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上に表側表示で存在する全てのサイキック族モンスターの攻撃力は、
このカードを発動するために除外した
モンスターのレベル×200ポイントアップする。

このカードを採用したのは、「霊獣」の攻撃力が低いので採用しました。
精霊獣 アペライオ 1800
精霊獣 ラムペンタ 1600
霊獣使い ウェン 1500
影霊獣使い-セフィラウェンディ 1500
精霊獣 カンナホーク 1400
英霊獣使い-セフィラムピリカ 1000
霊獣使いの長老 200
霊獣使い レラ 100
精霊獣 ペトルフィン 0

「精霊獣 アペライオ」で少しは強化できますが、物足りない攻撃力には変わりないです。
そこで、この攻撃力を何とかしたいと思い、サイッキック族限定になりますが「フューチャー・グロウ」を入れました。

「霊獣使い」を除外してもいいですが、このカードの力を最大限するには、「精霊獣騎 ガイアペライオ」を墓地へ送って除外するといいでしょう。
_20151022_154715

この子は獣族に見ますが、実はサイキック族。
墓地にいるこの子を「フューチャー・グロウ」で除外して発動すると、サイキック族は10(ガイアペライオのレベル)×200=2000アップします。

すると、以下のようになります。
「霊獣使い ウェン」 1500+2000=3500
「英霊獣使い-セフィラムピリカ」 1000+2000=3000
「霊獣使いの長老」 200+2000=2200
「霊獣使い レラ」 100+2000=2100

高い攻撃力になって、戦闘を普通に行えるモンスター達になってしまいます。
なお、「精霊獣騎 ガイアペライオ」も3200+2000=5200となるので、一瞬でライフを削ることも夢ではありません。

問題は「精霊獣騎 ガイアペライオ」を墓地へ送る手段ですが、
1つ目は、「霊獣の相絆」を使って「精霊獣騎ガイアペライオ」を特殊召喚して、墓地へ送られるのを待つ方法があります。
_20151022_143636

2つ目は、「精霊獣 ラムペンタ」の効果で、エクストラデッキの「精霊獣騎 ガイアペライオ」を除外して、サイキック族をデッキから墓地へ送ります。
その後、「精霊獣 ラムペンタ」と「霊獣使い」を除外して、「精霊獣騎 カンナホーク」を特殊召喚。
「精霊獣騎 カンナホーク」の1番目の効果で、「精霊獣騎ガイアペライオ」を墓地へ戻す方法があります。
_20151022_143655


「霊獣使い」が高攻撃力で襲い掛かる「フューチャー・グロウ」!
「霊獣」デッキのスパイスとして入れてみると面白いかもしれません。

読んでいただき、ありがとうございました。


今回紹介するのは、「レッドアイズ」に「ハーピィ」を組み合わせたハイブリッド型のデッキです。
早速デッキレシピを紹介したいと思います。

【サンプルレシピ】
〈モンスター19枚〉
真紅眼の黒竜×3
ハーピィ・レディ・SB×3
ハーピィ・チャネラー×3
ハーピィ・ダンサー×3
召喚僧サモンプリースト×1
カーボネドン×3
伝説の黒石×3

〈マジック13枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
ワン・フォー・ワン×1
万華鏡-華麗なる分身-×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
サイクロン×2
異次元からの埋葬×1
ヒステリック・サイン×3

〈トラップ8枚〉
鳳翼の爆風×3
ヒステリック・パーティー×2
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
電光千鳥×1
ライトロード・セイント ミネルバ×1
竜魔人 クィーンドラグーン×1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1
ダーク・リべリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
星輝士 デルタテロス×1
ヴェルズ・ウロボロス×1
星輝士 セイクリッド・ダイヤ×1
幻獣機 ドラゴサック×1
真紅眼の鋼炎竜×2
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×1
覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン×1



【デッキ編成】
冒頭でも述べましたが、このデッキは、「レッドアイズ」と「ハーピィ」を組み合わせています。
なので、ここでは「レッドアイズ」と「ハーピィ」に分けて詳しく説明します。

●レッドアイズ
「真紅眼の黒竜」
_20151021_115446

「レッドアイズ」側のエースと同時に、このデッキのエース。
このモンスターをデッキから特殊召喚するために以下の2枚のカードを使います。

「カーボネドン」
_20151021_132433

このモンスターは、2番目の効果を使い、墓地のこのカードを除外することで、手札・デッキからレベル7以下のドラゴン族・通常モンスターを守備表示で特殊召喚できます。

1番目の効果は、ほとんど使わないのでオマケ程度に考えておいてください。

「伝説の黒石」
_20151021_132358

このモンスターの1番目の効果で、このカードをリリースをして、デッキから「真紅眼の黒竜」を特殊召喚します。

2番目の効果は、墓地の「真紅眼の黒竜」をデッキに戻して、墓地のこのカードを手札に加えることができます。
こちらの効果は、「真紅眼の黒竜」がデッキにない場合や手札を増やしたい場合などで使います。

このモンスターを使うにあたっては、1ターンに1度、どちらかしか使えない点には注意!


以上の2枚を使って「真紅眼の黒竜」をデッキから特殊召喚していきます。

※2枚の違いをまとめると、以下のとおりになります。

「伝説の黒石」
リリース→デッキから特殊召喚。

「カーボネドン」
墓地から除外→手札・デッキから特殊召喚。

この2枚のモンスターのサポートカードとして、「伝説の黒石」はデッキから持ってこれる「ワン・フォー・ワン」、「カーボネドン」は墓地へ落とすことができる「おろかな埋葬」、除外されたこのモンスターを戻せる「異次元からの埋葬」を採用しています。

●ハーピィ
「ハーピィ・チャネラー」
_20151021_132502

ハーピィ側のエースであり、このデッキのキーカード。

手札から「ハーピィ」カードを1枚捨てれば、デッキから「チャネラー」以外の「ハーピィ」を守備表示で特殊召喚できます。

このデッキで特殊召喚するモンスターは、「ハーピィ・ダンサー」と「ハーピィ・レディ・SB」が対応しますが、できれば「ハーピィ・ダンサー」を優先したいです。
(ハーピィ・レディ・SBは「万華鏡―華麗なる分身―」でデッキから特殊召喚できるので、デッキに残しておきたいからです。)

この効果を使えばランク4にすることができます。

また、ドラゴン族がフィールドにいれば、このカードはレベル7になるので、「真紅眼の黒竜」が場にいればランク7モンスターになることができます。

モンスターではないですが、「ハーピィ」側にはこんなカードもあります。
「ヒステリック・サイン」
_20151021_132527

前半の効果は、デッキ・墓地から「万華鏡―華麗なる分身―」を手札に加える効果。
この効果を活かすために「万華鏡―華麗なる分身―」を1枚を採用しています。
そして「ハーピィ」がいれば、ランク4にすることができます。

後半の効果は、墓地へ送られたエンドフェイズ時に、デッキから「ハーピィ」カードを3枚まで加えれる効果。
こちらの効果を狙いたいです。
また、この効果により、制限カードの「ハーピィの羽根帚」を手札に加えることもできます。

「ヒステリック・サイン」の後半の効果を活かすには、「召喚僧サモンプリースト」や「ヒステリック・パーティー」、「鳳翼の爆風」でコストとして、墓地へ送るのがベストです。

このカードを使う上で注意したいのは、1ターンに1度、どちらかの効果しか発動できない点です。



【エクストラデッキについて】
エクストラデッキは、汎用性のあるランク4、ランク7エクシーズで構いません。

ただ、「ダイガスタ・エメラル」、「竜魔人 クィーンドラグーン」、「真紅眼の綱炎竜」あたりは採用しておいてもいいでしょう。


【最後に一言】
レッドアイズデッキはいろいろな形のデッキが作れるため、自由度が高いデッキです。

今回は、原作でつながりがあった城之内と孔雀舞のカードを使ってデッキを作れないかと考えたのがきっかけとなりました。

ぜひとも、レッドアイズデッキを作る時の参考にしてもらえると嬉しいです。

ありがとうございました。

↑このページのトップヘ