ハイロンの遊戯王デッキレシピ館

このブログは、「Hylon Research Station(ハイロン研究所)」で紹介した遊戯王のデッキレシピを取り扱っています。

カテゴリ: 炎属性


今回紹介するのは、「炎王」と「インフェルノイド」のハイブリット型の「炎王インフェルノイド」になります。

では、サンプルレシピを公開します!
【サンプルレシピ】

〈モンスター20枚〉
炎王神獣 ガルドニクス×2
炎王獣 バロン×3
インフェルノイド・アスタロス×3
インフェルノイド・ルキフグス×3
炎王獣 キリン×3
インフェルノイド・デカトロン×3
インフェルノイド・ベルゼブル×3

〈マジック 15枚〉
炎王の孤島×3
テラ・フォーミング×2
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
炎王の急襲×2
ブラック・ホール×1
炎王炎環×2
補給部隊×3

〈トラップ 5枚〉
激流葬×3
デモンズ・チェーン×2


【デッキ編成】
「炎王」と「インフェルノイド」を採用しているので、カテゴリ別に説明します。

●炎王
カード効果で破壊され、墓地におくられた場合に、発動する効果を持っています。

炎王側のキーカードはこのカード!
「炎王の孤島」
_20151022_161500

このカードの1番目の効果で、自分の手札・フィールドのモンスターを破壊して、デッキから「炎王」モンスターを手札に加える効果を積極的に使っていきます。

「炎王の孤島」で手札・フィールドから破壊するモンスターは、効果を使って攻撃できない「インフェルノイド」や「炎王」モンスターがいいでしょう。


特に「炎王神獣 ガルドニクス」は強力なモンスター除去効果を持っているので、オススメです。

「炎王神獣 ガルドニクス」
_20151022_161634

カードの効果で破壊され、墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェィズに墓地から特殊召喚して、フィールドのモンスターを破壊します。

また、戦闘で破壊されるとデッキから「ガルドニクス」以外の「炎王」モンスター1体を特殊召喚する効果もあります。


「炎王の孤島」でサーチする「炎王」モンスターは、「炎王神獣 ガルドニクス」もいますが、「炎王獣 バロン」や「炎王獣 キリン」を優先的に選びたいです。
また、これらのカードが次のターンに「炎王の孤島」で破壊するカードにもなります。

紹介していない「炎王」の役割についても述べておきましょう。
「炎王獣 バロン」
_20151022_161610

カードの効果で破壊され、墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズにデッキから「バロン」以外の「炎王」カード1枚を手札に加えることができます。

「炎王」カードなので、状況にもよりますが、魔法カードの「炎王急襲」や「炎王炎環」をできるだけサーチしたいです。
(理由は、「炎王の孤島」でサーチできるのはモンスターなので、サーチできない状態にならないようにするためです。)

特に「炎王炎環」は、墓地の「炎王神獣 ガルドニクス」を蘇生するのに役に立ちます。

「炎王獣 キリン」
_20151022_161549

カードの効果で破壊され、墓地へ送られた場合、デッキから炎属性モンスター1体を墓地へ送ることができます。
この効果で墓地へ送りたいのは、下級「インフェルノイド」や「炎王神獣 ガルドニクス」になります。

墓地へ送った後、「インフェルノイド」を展開したり、「炎王炎環」で特殊召喚したりすることができます。


また、「炎王」のサポートカードとして、こんなカードもあります。
「補給部隊」
_20151022_161338

「炎王神獣 ガルドニクス」、「炎王の孤島」、「炎王の急襲」、「炎王炎環」の発動前にこのカードを発動すれば、戦闘・効果での破壊を1枚ドローに変える魔法カード。

このデッキでは、貴重なドローカードとなります。


●インフェルノイド
通常召喚できないが、自分フィールドの効果モンスターのレベル・ランクの合計が8以下の時に、自分の手札・墓地の「インフェルノイド」を除外することで、手札から特殊召喚できる炎属性・悪魔族のモンスター。

また、相手ターンには、自分のモンスターをリリースすることで、相手の墓地のカード1枚を除外できる
効果も持っています。

このデッキでは、下級の「インフェルノイド」だけを採用しました。
理由は、上級「インフェルノイド」の代わりを「炎王神獣 ガルドニクス」で代用し、下級の「インフェルノイド」の除去効果を使いながら戦うスタイルを採ったからです。

下級「インフェルノイド」の除去範囲ですが、
「インフェルノイド・アスタロス」→フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊。
「インフェルノイド・ルキフグス」→フィールドのモンスター1体を破壊。
「インフェルノイド・ベルゼブル」→相手の表側のカード1枚を手札に戻す。

となっていますので、状況に応じて使い分けるのがいいでしょう。

「インフェルノイド・デカトロン」は、「インフェルノイド」専用の墓地肥やしとして、運用します。

これらのモンスターの効果を使った後は、攻撃できないor攻撃力が低いので、「炎王の孤島」で破壊するのがいいでしょう。


【補足】
■上級インフェルノイドを採用しなかった理由
質のいい墓地肥やしをしたかったから。
上級インフェルノイドの効果と出す手間とのバランスがとれていないと思ったから。
「ヴェルズ・オピオン」がいると出せないから。

■トラップカード、エクストラデッキについて
特にこだわりはないので、好きなカードを入れてもらっても大丈夫です。
エクストラデッキは、ランク3・4をメインで。
汎用性で選んでもらっても構いません。

最後まで、ありがとうございました。


※こちらで紹介するデッキレシピは、「ハイロン研究所」のものに比べて、長くなっておりますので、ご注意ください。

「ハイロンの遊戯王デッキレシピ館」で記念すべき第1回目に取り上げるデッキレシピは、「不知火」です。

「レイジング・テンペスト」で、シンクロモンスターと罠カードが追加されました。

早速、デッキレシピを公開してから説明に入りたいと思います。

【サンプルデッキレシピ】
_20161020_233111

〈モンスター22枚〉
不知火の武士×3
馬頭鬼×2
不知火の宮司×3
ユニゾンビ×3
ゴブリンゾンビ×3
不知火の鍛師×2
妖刀―不知火×3
不知火の隠者×3

_20161020_233859

〈マジック12枚〉
不知火流 転生の陣×2
おろかな埋葬×1
封印の黄金櫃×2
ブラック・ホール×1
死者蘇生×1
龍の鏡×2
異次元からの埋葬×1
大欲な壺×2

〈トラップ6枚〉
不知火流 燕の太刀×3
不知火流 輪廻の陣×3

_20161022_234846

〈エクストラデッキ15枚〉
〈融合モンスター2枚〉
冥界龍 ドラゴネクロ×2

〈シンクロモンスター12枚〉
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
瑚之龍×1
刀神―不知火×2
アンデット・スカル・デーモン×1
戦神―不知火×2
PSYフレームロード・Ω×1
えん魔竜 レッド・デーモン×1
魔王龍 ベエルゼ×1
煉獄龍 オーガ・ドラグーン×1
炎神―不知火×1

〈エクシーズモンスター1枚〉
ライトロード・セイント ミネルバ×1


【召喚法から見るデッキ戦術】
《融合モンスター編》
_20161023_015217

融合モンスターを出したい場合、まず墓地にアンデット族モンスターが2体以上いることが条件になりますが、「龍の鏡」を発動すれば、「冥界龍 ドラゴネクロ」を融合召喚できます。


《シンクロモンスター編》
_20161023_015242

「不知火」デッキのメイン戦術です。
シンクロ召喚の方法は、以下の3つのパターンがあります。

■「不知火の宮司」からのシンクロ
「不知火の宮司」は召喚成功時に、手札・墓地から「不知火の宮司」以外の「不知火」モンスター1体を特殊召喚できます。

その効果を使って「妖刀―不知火」を特殊召喚すれば、レベル6のシンクロモンスターになれます。

■「ユニゾンビ」からのシンクロ
「ユニゾンビ」は、手札もしくはデッキからアンデット族モンスターを墓地へ送ると、フィールドのモンスターのレベルを1つ上げる効果を持っています。

この効果で「馬頭鬼」を墓地へ送って、「ユニゾンビ」のレベルを4にした上で、
墓地へ送った「馬頭鬼」の効果を使って、墓地からレベル4のアンデット族を特殊召喚すると、レベル8のシンクロモンスターを特殊召喚することができます。

■「妖刀―不知火」からのシンクロ
「妖刀―不知火」は、墓地にいることが条件になりますが、

墓地の非チューナーのアンデット族とこのカードを除外することで、その2体のレベルの合計と同じレベルを持つアンデット族シンクロモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚できます。

(ただし、「妖刀―不知火」が墓地へ送られたターンには発動できません。)


《エクシーズモンスター編》
_20161023_015301

ランク4を出すことになります。
シンクロ編で紹介した
・「不知火の宮司」からのシンクロ方法でレベル4の「不知火」モンスターを特殊召喚する。
・「ユニゾンビ」からのシンクロ方法を使う。
とランク4をエクシーズ召喚することができます。


【採用したカードについて】
・「ゴブリンゾンビ」
「馬頭鬼」の効果で、墓地から特殊召喚したいモンスターNo.1です。
「ユニゾンビ」とともにシンクロ素材になって、サーチという流れがオススメです。

・「不知火の鍛師」
シンクロ素材として墓地へ送られた場合、「不知火の鍛師」以外の「不知火」カードをサーチできます。

ただ、「不知火」モンスターをサーチするなら、アンデット族モンスターをサーチできる「ゴブリンゾンビ」でもいいですが、こちらの利点としては、魔法・罠カードの「不知火」もサーチできるという点でしょう。
サーチするなら罠カードの「不知火流」が狙い目です。

・「封印の黄金櫃」
デッキから「不知火」モンスターを除外して、除外された場合の効果をすぐに使えるカードです。

・「異次元からの埋葬」、「大欲な壺」
除外されている「不知火」や「馬頭鬼」などを戻すカードになります。

・「不知火流 燕の太刀」
アンデット族1体をリリースすれば、フィールドのカードを2枚破壊できて、デッキから「不知火」モンスター1体を除外できます。

デッキから「不知火の宮司」を除外すれば、合計3枚破壊できることになるので、相手フィールドに破壊したいカードが3枚以上あれば、狙ってみるといいでしょう。

・「不知火流 輪廻の陣」
選択型の効果が2つありますが、
自分の表側のアンデット族モンスター1体を除外する と自分の受ける全てのダメージを0にする効果があります。

この効果で除外するといいモンスターは、「不知火の隠者」で、モンスターが減るどころか増えるので、オススメです。

・「魔王龍 ベエルゼ」、「煉獄龍 オーガ・ドラグーン」
「ユニゾンビ」でレベル8をシンクロ召喚する時に、出せるシンクロモンスターになります。
状況によって使い分けるといいでしょう。


今回は、「不知火」デッキを紹介させていただきました。
いかがでしたでしょうか?

フィールドからシンクロ召喚ができるだけでなく、墓地からもシンクロができる(正しくは特殊召喚扱いです)ので、面白いデッキです。

では、今回のデッキ紹介はここまでとします。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




↑このページのトップヘ